セミナーは定員◯◯名以下にすると成功する!【フォーカスメソッド10ステップルート実践編】vol.7

スクリーンショット 2016-03-07 15.25.10

起業家の遠回りを未然に防ぐ

「フォーカスメソッド
10ステップルート

 徹底活用講座」

第7回は

お客様にとっての「唯一の先生」になれる
セミナーの開き方

Route7 Customer  Acquisition Seminars
(顧客獲得型セミナー) 

について
実践編のお話をして参りますね。

セミナーには
「情報提供型」
「顧客獲得型」

2種類があるのを
ご存知ですか?

私が実践し
おススメしているのは

圧倒的に
「顧客獲得型セミナー」
です。

ちなみに
「情報提供型セミナー」とは

大人数に対して講演形式で行う
セミナー自体を収益源とするモデルです。

必然的に、
セミナー自体の価格が
高額のモデルになります。

セミナー単体では

大きな収益になることもありますが、

一人ひとりの参加者と
深い関係性が気付きにくいため

あくまで単発で終わってしまい

継続的な収益に
つなげにくいデメリット
があります。

それに対して
「顧客獲得型セミナー」

販売者とお客様の関係から
先生と生徒の関係に進化させ

「信頼」を得た中から
先生へ解決策を求める顧客を
獲得できる
モデルです。

セミナーで収益を
得るわけではないので

セミナー参加費は低額でも
問題なくなります。

そして、
顧客獲得型セミナーを
成功させる上で

必ず守っていただきたい
重要なポイントがあります!

それは

参加人数を
10名以下
にすることです!

少人数で行うことにより

講師のことを
知らなかった人でも

密なコミュニケーションが取れる
空気・空間の共有から

必要以上の
労力とお金をかけずに
「信頼」を獲得することができ

問題解決を求める人と
そうでない人を
瞬間で判断できる
からです。

一般的にセミナーというと
50人!100人!!
・・と多い方が良い
というイメージがあるかもしれませんが

まったくのです!

セミナーの役割は
参加者と「先生と生徒の関係」
構築すること!

ここを押さえた上で
次のステップである
「個別相談」に進むから
スムーズに本命商品を買っていただけるんです!

ぜひチャレンジしてみてくださいね(^^)

次回は
いよいよ本命商品を実際に提案する

売り込みゼロ・ストレスゼロの
喜んでお願いされる個別相談

Route8 Closing  Technique
(クロージングテクニック) 

についての
実践編をお届けいたします!

ではまた。

フォーカスメソッド・メール講座

起業家のムダを捨て、2分の1の労力で2倍の収入を手に入れる!忙しいフリーランスのための1日1分で読めるメール講座を無料配信しています。

メールアドレス
※必須
お名前(姓)
※必須
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です