成果につながるシゴトのみにフォーカスする方法とは?

photographer-woman-digital-lens-hand-camera_121-67127

おはようございます!

起業家のムダを捨て
2分の1の労力で2倍の収入を創る!
フォーカスメソッドナビゲーター
山崎昌弘です。

「黒字化までの最短ルート」
を体系化
した
全112ページの小冊子

フリーランスのための
遠回り撲滅プロジェクト!
2分の1の労力で
2倍の収入を手に入れる!
フォーカスメソッド10ステップルート

すでにお受け取り
いただいてますでしょうか? 

▼▼こちらからダウンロードしてくださいね▼▼

小冊子を読んだ方からは

「こんなに全部ノウハウを
出しちゃって大丈夫なんですか!?」

「10ステップルートが
わかりやすくて、具体的なので
やるべきことがすぐに明確になりました!」

こんな嬉しい声をいただいております(^^)

全て僕自身の実体験に基づいた
数々の成功と失敗の
全記録を赤裸々に
出し切っておりますので

皆様にも
即、置き換えて
実践できるモノに
なっているかと思います(^^)

そして、たくさんの方々から
小冊子のご感想をいただきながら
強く感じることは

まだまだ
黒字化へのルート
気づかない内に
「複雑化」してしまっている方が
大勢いらっしゃるということです。

「ちょっと自分も複雑になってるような・・?」

なーんて心当たりありませんか?

今日のメルマガのテーマは
そんなあなたへ!

「考動量」(こうどうりょう)
を高めましょう!
というお話をさせていただきます。

「行動」(こうどう)ではなく
「考動」(こうどう)です。

????
・・と思う方もいらっしゃる
かもしれませんが(笑)
これは僕が使う
起業家の方に
オススメしている造語です(^^)

「考動」とは

学び、考え、決断し、
誰より動く自分となること

こう定義します。

「なんとなくFacebookが良いらしいからやってみた」

「Instagramが流行ってるから手をつけてみる」

「とりあえず異業種交流会に顔出せば人脈できるだろう」

こういった
行き当たりばったりの
行動を繰り返していては
一瞬の成果を出すことすら難しいですし

なにより1番大切な
成果を出し続けること
は不可能
と言っても良いかもしれません。

だからこそ、まずは
成果を出すためのセオリーを学び、

自らに置き換えて考え

何から始めるのかを決断し、

腹落ちしてからスタートするからこそ
誰よりも動ける自分になるんですね。

ぜひあなたも
これのことを知って
今日からどう「考動」していくのか?
ご自身の置き換えてみてくださいね(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

冒頭でご紹介しました小冊子でご紹介している
「黒字化への最短ルート」
その場で実践し、
成果につなげることができる実践会

遠回りから脱出する180分
「最短」ルートで黒字化できる
フォーカスメソッド Marketing & Route 
10ステップルート実践会


1/20(水)の枠に1枠のみ
キャンセルでお席が空きました(^^)


▼▼お申し込みはコチラから▼▼

https://www.agentmail.jp/form/pg/2715/1/

◆1/9(土)11:00〜14:00  満員御礼

◆1/16(土)11:00〜14:00  満員御礼

◆1/20(水)19:00〜22:00  キャンセル発生 残1枠

◆1/23(土)11:00〜14:00 満員御礼

また、
セミナーがほぼ満席状態ではありますが

「小冊子の内容をもっと詳しく相談したい・・!」

「自分の場合どうなのか答え合わせしたい・・!」
そんな声を続々いただいておりまして
1月の後半に
個別相談枠も設ける予定です。

(若干枠になると思いますが・・^^;)

また詳細は追って
メルマガで告知しますので
少しだけお待ちくださいね。

フォーカスメソッド・メール講座

起業家のムダを捨て、2分の1の労力で2倍の収入を手に入れる!忙しいフリーランスのための1日1分で読めるメール講座を無料配信しています。

メールアドレス
※必須
お名前(姓)
※必須
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です